子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに (2012.10 改訂)

現在、大阪市此花区の舞洲工場(一般焼却施設)で、放射性物質が付着した災害廃棄物を燃やし、その焼却灰を大阪湾(夢洲)に埋め立てる計画があります。
いま多くの市民が反対の声を上げなければ、11月に試験焼却され来年2月からは本格的に受け入れが始まってしまいます。

そして、広域処理によって被災地から運び出されるガレキは、私たち非汚染地帯で住む者にとっては、放射能で汚染された危険な廃棄物かもしれません。しかし、被災地の方々にとっては“思い出と悲しみの遺品”でもあります。
そのことからも、災害廃棄物をゴミとして扱う焼却・埋立処分の政策を、国に撤回させなければなりません。それが被災地の思いです。

子どもたちを放射能から守る・八尾の会は、八尾市議会に対して請願書と署名1500筆を提出(3/12)しました。採決の結果は不採択になりましたが、ガレキ受け入れの決議案が出される可能性が高まっていた市議会に対して、その動きを止めることができたと思っています。

6月15日には、八尾市長に要望書と、直筆791筆、WEB署名488筆の合計1279筆を提出しました。
現状では、被災地での処理能力の向上や災害廃棄物の量の減少などにより、八尾工場(一般焼却施設)で受け入れる予定はありません。いま関西で一番問題なのは大阪市です。

広域処理の必要性がなくなっている中、大阪市の橋下市長は、市民の反対意見を無視し、受け入れを強行しようとしています。
市民の安全と安心よりも、または被災地の真の復興よりも、他に大切なものが彼にはあるようです。

子どもたちを放射能から守る八尾の会は、活動の場を八尾市から大阪市に移し、此花区での受け入れ阻止に力を尽くしていきたいと思います。
それと同時に、現地でも焼却処理をさせないことを国に訴えていきます。

焼却処理の代替案としては、東北大学・岡山博臨床教授が提案する「宮城・岩手地区の震災がれきは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!」が最善の案との認識のうえ、この要望書の普及に取り組んでいきます。

広域処理という国の放射能拡散政策に反対しなければ、原発も止まらないし、被曝を強制されている被災地を救うこともできません。

一緒に声を上げ行動し、瓦礫利権、除染利権、原発利権を打ち崩しましょう。

カテゴリー欄にある活動報告ガレキ問題に関する記事なども、随時更新していますので、是非ご覧ください。 

当会は、震災復興プロジェクトを応援しています。直筆署名とWEB署名があります。
皆様のご協力をお願いいたします。

hafubana.jpg
 http://savechildproject.web.fc2.com/

震災復興プロジェクト 近畿 ⇒ http://savechildosaka.blog.fc2.com/






スポンサーサイト

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。