子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/23 大阪市議会議員(民生保健委員会)へ資料提供

昨日に共産党の北山議員のみにしか渡せなかった資料を、自民党・北野妙子議員、公明党・島田まり議員、民主党・小林議員、維新の会・井戸正利議員にも渡してきました。
皆さんは委員会に出席中でしたので、事務所の方に言付けてきました。

北野議員も島田議員も小林議員も北山議員も、瓦礫問題についてよく調べられているだろうから、資料は必要ないとも思いましたが、少しでも力になれればと思い、僭越ですか参考資料を提供してきました。

参考資料の中身については、昨日のブログ(5/22)にアップしています。



以下は自民党・北野妙子議員への手紙です。


大阪市議会議員 北野妙子 様

私は、5月の大阪市議会に対し、「東日本大震災災害廃棄物の広域処理に関する陳情書」を提出いたしました、“子どもたちを放射能から守る・八尾の会” 代表の松下勝則と申します。
このたびは、突然にお手紙を差し上げる非礼をお許しください。

北野議員が、私たち市民を守るために日夜ご尽力いただいていることに、深く感謝しております。
私たちは、この市民活動を通じて八尾市議会への不信感が高まるばかりでしたが、大阪市の委員会や議会を傍聴することで、この問題で市民の立場で活動される議員の方が大阪市には多くいることを知り、八尾市議会と大阪市議会との違いに驚きました。そして今は、大阪市議会に期待し、注目しています。

さて、5月18日の民生保健委員会を直接傍聴させて頂きましたが、そこでの橋下市長の発言をお聞きし、橋下市長が放射線と放射性物質、そして外部被曝と内部被曝の違いを正しく理解されていないことが分かりました。
とくに橋下市長の「瓦礫の空間線量と知事室の空間線量が同じ」という理由で瓦礫の安全性を主張する姿を見て、何と不勉強なのかと愕然としましたし、その発言に大きく頷いている井戸議員の姿を見て残念な気持ちにもなりました。
北山議員には反論して頂きたかったのですが、時間の関係もあったかと思われ、的確な反論はありませんでした。

北野議員は、瓦礫問題についての知識は豊富だと思いますが、週刊誌フライデー5月25日号に、空間線量計では瓦礫の汚染度が計れないことを実証している記事が載り、その記事が大変に良いものでしたので、ぜひとも北野議員にも見て頂きたく、同封させて頂きました。

井戸議員にも手紙と同じ資料を提供しました。以下はその手紙の内容からの抜粋です。

 <井戸議員へ出した手紙からの抜粋>
瓦礫の汚染度は、空間線量計では計測できません。空間線量計(シーベルト)は外部被曝を計るものであって、放射性物質(ベクレル)を計ることはできません。放射性物質を計らなければ内部被曝の影響を知ることはできないのです。

私たち市民が心配していることは、福島第一原発事故によって東北と関東全域に降った放射性物質が、震災瓦礫の受け入れによって西日本の空気や大地を汚染し、そして私たちの体に取り込まれて内部被曝をしてしまうことです。
放射線による外部被曝を心配しているのではなく、放射性物質の微粒子によって内部被曝することを心配をしているのです。その違いを何とぞご理解ください。

空間線量とは、外側から人体に向う放射線で、例えるなら光のようなイメージです。放射性物質は、光を放つイメージだけでなく、それ自体が非常に小さいものですが、毒物の粉塵のようなもので花粉のようなイメージです。しかも、体内に取り込むと大変な毒になるもの。そうしたものが放射性物質です。
この放射性物質は、甲信越や静岡まで降り注いでいます。この放射性物質を取り込む事が怖ろしいのです。それが内部被曝です。
放射線と放射性物質の違い、外部被曝と内部被曝の違い、この違いを理解して頂かないと、市民を守ることはできないと思います。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、同封の資料をご覧くださいますよう、切にお願い申し上げます。

<抜粋 ここまで>

 
日本の未来と子どもたちを守るために、北野議員のさらなるご活躍を期待しております。
    
スポンサーサイト

5/22 大阪市議会議員と面談

「週刊誌フライデー5月25日号に“瓦礫に含まれる放射性物質の量は、空間線量計では計ることができない”ことを実証する記事が載っている」との情報を昨日に得ました。
さっそく本屋やコンビニを探しましたが、すでに6月1日号が売られており、5月25日号を見つけることが出来なかったのでネットカフェで読みました。

記事では、神戸大学大学院・山内知也教授の協力のもと、細野環境大臣がPR活動で使った同じ機種を用いて、その細野大臣の測定方法で瓦礫の放射性物質が適切に計測できるのかを検証していました。
実験方法は、山内教授が用意した1kgあたり165~8030Bqの放射性セシウムを含有する5つの試料、および試料のない状態(バックグラウンド)をそれぞれ計測し、放射線量に応じて測定値が一定傾向を示すかを調べていました。
結果は、どの試料でもバックグラウンドとほとんど変わらず、むしろ低めの試料もあり、いずれにせよ、それぞれに応じた測定値が出ておらず、空間線量計を使った細野大臣のような計り方では正しく計測できないことが、科学的に証明されていました。

この記事を実際に読んで、たいへん貴重な良い記事だと思いました。
5月18日の民生保健委員会で「松井知事が瓦礫を計測したら、知事室と同じ数値だった。それで何で瓦礫が危険なんですか!」と発言していた橋下市長に、そしてその発言に大きく何度も頷いていた維新の会(政調副会長)に是非とも読ませたいと思いましたし、その橋下市長の発言に、時間の関係もあったと思いますが、適切な反論ができなかった他の民生保健委員会の議員にも読んでもらいたいと思いました。

そういう思いから、昨日ネットカフェでコーピーをしたこの記事を、その他の資料と同封して、大阪市役所の議員控室に持って行きました。

午後の6時半ということもあり、北山良三議員にしか会えませんでしたが、北山議員はお忙しいにも関わらず、快く迎えてくださり、真剣に私の話を聞いてくださいました。北山議員からも色々と貴重な話も教えていただきました。

<渡した資料>
フライデー 5月25日号①  
福島集団疎開裁判 意見書1 (琉球大学名誉教授 矢ケ崎克馬)
がれきの広域処理について (琉球大学名誉教授 矢ケ崎克馬)
西日本に運ぶのは間違い  (神戸大学大学院教授 山内知也) 朝日新聞 2012.03.16
広域処理について正論を述べている首長①  
震災瓦礫「焼却処理」の問題点について
⑦CD 震災がれき問題 (MBS VOICE 5月16日放送分)⇓⇓


20120516 どうする震災がれき 第三弾 投稿者 PMG5


5/18 大阪市議会 傍聴

大阪市議会・民生保健委員会の傍聴に行ってきました。

直接傍聴は10席しかありませんでしたが、運よく席を確保することができたので、13時から19時の閉会まで直接傍聴してきました。

モニター傍聴に来られた方も多く、民生保健委員会の注目度の高さは他の委員会に比べて突出していました。

瓦礫の陳情は新規は46件で、前回分と合わせると全部で106件です。

維新の会以外の会派、自民、公明、民主、共産党は瓦礫受入れに反対してくれています。
公明党・島田議員、自民党・北野議員、民主党・小林議員、共産党・北山議員らの質疑は、どなたも素晴らしい内容でした。
発言を聞いていて、市民のために力を尽くしてくれるプロの政治家だと感じました。
八尾市の自民・公明・民主・創造八尾の議員とは、ほんとうに雲泥の差です。


維新の会だけでは市議会で過半数を超えることができません。
維新の会は公明党に対して対立候補を立てないことを餌にして協力を求めているらしく、公明党が寝返るのではないかという心配もありましたが、島田まり議員の発言を聞いて、その可能性は今のところ全くなさそうで安心しました。

北野妙子議員と小林道弘議員は党の政調会長で、北山良三議員は党の団長です。
党内で力のある議員が反対してくれていることは、私たちとって心強いものです。

橋下市長も1時間30分ほど委員会に出席されました。
彼の発言を聞いていると、放射線と放射能の違い、外部被曝と内部被曝の違い、自然放射線と人工放射線の違いを理解していないことがよく分かります。
なぜもう少し勉強してくれないのか、ほんとうに残念に思います。

「瓦礫の空間線量が自然放射線量と同じであるのに、なんで安全じゃないんですか!」と自信ありげに発言している姿から、「自分の意見は絶対に正しい」という強い気持ちを持っていることが分かります。
彼の謙虚さのない“無知”は厄介だと感じました。

なんとか彼に正しい知識を持ってもらえるよう、島田議員、北野議員、小林議員、北山議員に情報を提供しつつ、応援を続ける必要性を感じました。


瓦礫に関するすべての陳情の採決は、「継続審議」となりました。
「継続審議」なら受け入れが進むことはないので、ひとまずは安心ですが、維新の会が受け入れを諦めるまで、私たちの市民運動を継続しなければなりません。


ぜひ、私たち市民の味方である議員さんに応援の声を届けてください。
情報を提供できる方は、ぜひとも分かりやすい情報を議員さんに届けてください。

八尾の会も、引き続き努力していきます。


5/11 大阪市議会へ陳情書提出

今日は、5月15日から始まる大阪市議会への陳情書・請願書の提出期限でした。

八尾市上尾町にある焼却炉は大阪市が所有しており、八尾市と共同で使用しています。
八尾市でガレキ受け入れの反対運動を広めても、大阪市が受け入れを決定してしまえば、おのずと八尾市に放射能汚染された瓦礫が運び込まれる可能性が高まります。

八尾の田中市長は、ガレキ受け入れについて「大阪市の意向に合わさなければならない」と市議会で発言されており、八尾市の自民党も公明党も民主党も創造八尾も、ガレキ問題について市民の立場で考えている様子はなく権力側に合わせるという姿勢が見てとれるので、大阪市の決定がそのまま八尾市の決定になってしまう危険性は高いと思われます。

そのことから、八尾市での当会の運動が、大阪市に対しても影響が及ぶようなものにする必要があると考え、その手段として大阪市議会に陳情書を提出することにしました。

八尾市を含め大抵の市議会では、請願は議会(公開の場)で審査され採決が行われますが、陳情については非公開の場で審査され(実際は報告のみ)採決は行われません。議事録として記録には残りますが、それほど影響力が大きいものでもありません。
しかし、大阪市議会は例外で、陳情であっても公開の場(委員会)で審査され採決も行われます。委員会での採決により採択になれば、それは請願が議会で採択になるのと影響力は同じです。
“陳情書を出してもそんなに意味がない”という意見は、大阪市議会には当てはまりません。

災害廃棄物の広域処理に関する陳情は、民生保健委員会で審査されますが、前回の2・3月議会では、このガレキ問題に関する陳情は全部で、私が確認したところ59件も提出されました。
それらの採決の結果は、継続審議です。

今日、提出時に市議会事務局の方と面談しましたが、その方が言うのには、今回の陳情の数は前回ほどでもないということでした。


広域処理についての問題点については、すでに多くの方が陳情書なりで情報を議員に送られているだろうから、当会の陳情では、市民の立場で受け入れに反対してくれている議員に対して、お礼とエールを送ることを目的に作成しました。
それでも、橋下市長が内部被曝について正しく理解しておらず、人工放射線と自然放射線の人体に対する影響が同じだという誤った認識を持たれていることから、内部被曝の情報を中心とした参考資料を添付しました。
私たちの陳情に橋下市長が直接目を通すことはないでしょうが、受け入れを反対してくれている議員の橋下市長と討論するための材料になればと思います。

当会の陳情書には添付資料を多いことから、受付を担当された市議会事務局の方は、コピーは議員の人数分ではなく会派分だけにして欲しいと言ってきました。しかし、そこは何とか頭を下げて、民生保健委員会の議員全員分をコピーしてもらうことを了承していただきました。
添付資料を配るのが、会派に1部ずつか、それとも全議員に1部ずつかでは、その影響力は雲泥の差です。ほんと良かったです。


災害廃棄物の広域処理についての請願や陳情が審査される民生保健委員会は、5月18日の午後1時からです。傍聴席は10席ほどと少ないですが、市役所内のモニターで生中継が見れますし、ネットでも生中継されますので、ぜひ見てください。


以下が、当会が提出した陳情書と資料です。



大阪市議会
議長 大内啓治 様

東日本大震災災害廃棄物の広域処理に関する陳情書  


[ 陳情趣旨 ]

私たち「子どもたちを放射能から守る・八尾の会」は、福島第一原発事故由来の放射能汚染から、子どもたちの健康と命を守りたいと願い、八尾市を中心に活動している市民団体です。

国と大阪府は、東日本大震災で発生した災害廃棄物の処理について、その20%にあたる約401万トンを広域処理分として各自治体へ受け入れを要請しています。これに対して大阪市の橋下市長は、早い時期から受け入れを表明されています。しかし広域処理計画には、その安全性や必要性を巡って多くの問題点があります。何よりも市民が不安視するのは安全性です。

私たち「子どもたちを放射能から守る・八尾の会」は、大阪の空気と大地、そして子どもたちを放射能汚染から守るために、八尾市上尾町の焼却施設(大阪市八尾工場)に放射能で汚染された災害廃棄物が持ち込まれることに反対する署名1500筆を集め、八尾市3月議会に請願書(※1)と共に提出しました。しかし、「市民の安全を守ってください。市民の合意を得てから決定してください」という市民の権利として当たり前の私たちの請願は、自民党、民主党、公明党、創造八尾の議員らによって不採択にされてしまいました。その市民に背を向けた議員らに対して私たちは強い不信感を抱きつつ、現在も活動を続けています。

私たちの地道な運動をきっかけに、内部被曝の危険性を理解する市民の数が増え、その数に比例するように広域処理に反対する市民の声も増えてきました。現在は八尾市6月議会の時期に合わせて、八尾市の田中市長に提出する「東日本大震災災害廃棄物の広域処理と放射能汚染対策に関する要望書」(※2)の署名を集めているところです。現在のところ直筆署名が248筆、WEB署名(※3)が465筆集まりました。

八尾市上尾町にある焼却施設は大阪市が所有しており、八尾市と共同で使用しています。そのことから、八尾市民の災害廃棄物の広域処理に反対する声を、八尾市だけでなく大阪市にも届ける必要性を感じ、このたび陳情書として大阪市議会に報告することに致しました。

私たち八尾市民は、大阪市の動向に注目しています。特に、民主党・小林道弘議員、公明党・島田まり議員、日本共産党・北山良三議員、自民党・北野妙子議員の、市民の立場に立って活動されている姿に感謝し、心から応援しています。

国の広域処理推進を受け、いくつかの自治体が受け入れに前向きな姿勢を表明する一方で、北海道札幌市の上田市長は、北海道新聞(4月7日)のインタビューの中で、震災がれきについて「放射性物質は受け入れない!」と語り、次のようにコメントされました。
「受け入れないと判断したことが後日歴史的に誤りだと評価されても、市民の安全は守られ私が批判
されれば済みます。受け入れて間違いだったと分かるときは、市民に被害が出ている。私はそれが耐
え難いのです。」

また、内部被曝の第一人者であるユーリ・バンダジェフスキー博士は、日本の内部被曝の深刻度について、「日本政府が内部被曝の情報をこのまま隠し続ければ、数十年後には日本人という国民が本当にわずかになってしまう」と3月19日の衆議院会館での記者会見で発言されています。

大阪市が受け入れを正式表明すれば、態度を保留している多くの自治体もそれに続く可能性が高まると思われます。そのことを考えると、大阪市議会の判断が、今後の日本全体の運命を左右すると言っても過言ではありません。

どうか、日本民族を守るために、大阪市として下記3点に取り組まれますよう、心よりお願い申し上げます。



[ 陳情項目 ]

1.放射能に汚染された可能性のある災害廃棄物は、その汚染が国または大阪府の示す基準値以下であっても受け入れないでください。なぜならその基準値には内部被曝の危険性が考慮されていないからです。

2.国と大阪府に対し、災害廃棄物の広域処理計画の見直しを求めてください。

3.東北や関東の放射能汚染地域から、避難や移住を希望する被災者の受け入れや、被災地への物的・人的・経済的支援を、より積極的に行ってください。

2012年5月11日


[陳情者]

子どもたちを放射能から守る・八尾の会
代表 松下勝則
〒581-0003 大阪府八尾市本町1-1-5 八尾市市民活動支援ネットワークセンター「つどい」内



添付資料

※1 八尾市3月議会に提出した請願書
※2 東日本大震災災害廃棄物の広域処理と放射能汚染対策に関する要望書・直筆署名
※3 東日本大震災災害廃棄物の広域処理と放射能汚染対策に関する要望書・WEB署名

参考資料
A がれき広域処理について (琉球大学名誉教授 矢ケ崎克馬)
B 福島集団疎開裁判 意見書4 (琉球大学名誉教授 矢ケ崎克馬)①  
C 瓦礫の受け入れに反対する理由 (神戸大学大学院 山内知也)
D 人工放射線と自然放射線 (埼玉大学名誉教授 市川定夫)
E なんで?どうして?広域処理 (豊橋いのちと未来を守る会)① 
F 瓦礫広域処理6つのウソ 

5/8 「放射能で広がる異変~子どもたちに何が起きているか」

OurPlanet-TV にて「放射能で広がる異変~子どもたちに何が起きているか」というタイトルで、東京や福島の子どもたちの健康被害の状況を伝える番組が放送されました。

2011年7月14日放送分と少し古いものですが、マスメディアによって事実が隠されている現状では、いまも貴重な映像だと思います。

【野呂美加さんプロフィール】
NPO 法人「チェルノブイリへのかけはし」代表。25 年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。
これまでに招待した子どもは、19 年間で648 人。2005 年国際交流基金より「地球市民賞」受賞。
福島第一原発事故発生以来、各地で主にお母さんたちのためのお話会を開催している。夫と大学生の娘と3人暮らし。北海道在住。「チェルノブイリへのかけはし」http://www.kakehashi.or.jp/
*今年はベラルーシの子どもたちではなく、福島の子どもたちの救援活動をされるということです。

放送は28分ですが、時間がない方のために15分に編集してみましたので、ぜひご覧ください。



OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)は、2001年に設立した非営利のオルタナティブメディアです。インターネットを利用して、独自に制作したドキュメンタリー番組やインタビュー番組を配信している。
番組制作は広告費に頼らず、いかなる団体からも完全に独立しています。

5/7 お勧めの冊子 「ママレボ」

お勧めの冊子「ママレボ」です。

『ママレボ』は、高線量地域の状況や、「子どもたちを守ろう!」と全国で立ち上がったママたちの活動をお伝えする冊子です。

創刊号は、以下のサイトから無料でダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

ママレボ編集チーム⇒http://momsrevo.blogspot.jp/

多くの方に読んでもらいたい内容です。

mamarebo

【ママレボ3つのミッション】

(1)福島をはじめ、北関東や首都圏など、汚染されてしまった地域で「今、起こっていること」「抱えている問題」などをほかの地域に伝える

(2)「子どもたちを守りたい」「私たちの未来を守りたい」という思いで行動している全国の人たち(とくにママ)の様子をご紹介する

(3)「私にも何かできることはないかしら……」と思った方が、すみやかにアクションを起こせるよう、人と人を「つなぐ」役割を担う

ママレボ編集チーム伊藤千亜/竹内美幸/和田秀子


子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。