子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/7 山本節子氏講演会のチラシ配布 2

6/9に行われる山本節子氏講演会のチラシを新たに500枚印刷し、八尾市上尾町の焼却炉周辺の小学校と幼稚園、保育園と養護学校など、17箇所に配布してきました。

知人の公立保育園職員から、「おそらく門前払いで受け取ってもらえない」と聞いていたので、気持ちは進みませんでしたが、勇気を出して訪問してきました。

それぞれの箇所で、職員の人数分のチラシを、教頭先生や園長先生に受け取ってもらえるよう交渉していきましたが、結果は断られたのは3箇所だけでした。
1件目に訪問した小学校の教頭から門前払いを受けて、「どこの学校に行っても無理でしょう」と言われた時には、配布を中止しようかとも思いましたが、諦めずに最後までやりきって良かったです。

おそらく大半の八尾市民には、災害廃棄物の問題に対しての危機感は、今はほとんどないと思います。そんな中で八尾市から大阪市まで電車を乗り継いで、廃棄物専門家の話を聞きに来てくれる人がいるとは考えにくいですが、それでもたった一人の先生でも来てくれればと願っています。

チラシの表は講演会の詳細についてですが、裏面は災害廃棄物広域処理の問題点をまとめたものを印刷しました。講演会に来てくれなくても、チラシに目を通してくれたことだけでも意味はあったと考えます。

しかし、やっぱり学校変えるには、まずはPTAに働きかけることが重要だと思います。
保護者が放射能の危険性について騒ぎ出すような状況を作ることができたら、学校が変わるのは早いのではないかと思います。
その辺のところを今後は攻略していきたいです。

スポンサーサイト

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。