子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/25 公明党・明石議員に電話抗議

今日は、辻議員に抗議するために、公明党議員控室に電話しました。

1回目は事務の人しかいませんでしたが、そのイザキという人に、ガンガン抗議しました。

2回目の電話では、明石議員が電話に出て、30分くらいは真剣に話を聞いてくれました。

辻議員に一度騙されている経験から、明石議員がいくら丁寧な対応であっても怯まずに、7月の予算に賛成すると公明党は市民の敵になりますよ!と抗議を続けました。

前回の電話で辻議員が「9月議会でも話し合われるので7月で全てが決まるわけではない」と言った事は、故意に嘘をついているのか、市民からの抗議を回避するために、公明党内で口裏合わせをして市民をだましているのか!」と抗議しました。

しかし、それでも明石議員は、7月の予算には賛成すると断言していました。
「危険ということの証拠をつかまなければ反対できない。公明党は安全を確認しなければ絶対に受け入れさせない。予算の採決にも意見書や決議案をつけて、その辺はしっかり主張する」と言っていました。

「そんなことは公明党の都合であって納得できません。他の会派は反対するのに、なぜ公明党だけ賛成するのか意味が分かりません。予算に反対しなければ市民は公明党を見放しますよ」という内容で抗議しました。

同じ人が何度も電話しにくいですから。
まだ電話されていない方は、ぜひ電話してみてください。

大阪市の代表電話(06-6208-8181)にかけて、公明党議員控室にまわしてもらい「どなたか議員の方に変わってください。市民の意見を聞いてください」と言えば、誰か議員と話せると思います。

公明党は受け入れが危険なものであることを認識しているので、その辺の議論はなしに、「なんで危険と分かっていながら受け入れ予算に賛成するのか!」とストレートに批判できますから、予算を通してから努力するという相手の言い分に怯まずに、明日の採決で予算に賛成したら、公明党は市民の敵になることを伝えましょう。

スポンサーサイト

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。