子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/31(2) 関西電力前デモ

毎週金曜恒例の関西電力前デモ。
終了後の参加者による告知タイムの動画を紹介します。

下地さんのスピーチ(00:05:15 00:34:56)「8/30に開催された震災がれき受け入れ説明会について」



Video streaming by Ustream





スポンサーサイト

8/31 住民説明会に対する不正確な報道と不当な強制退去

◆住民説明会に対する不正確な報道と不当な強制退去について、ブログ「みんな楽しくHappy♡がいい♪」をぜひ見てください。
 <がれき広域処理>正確な報道をしないメディアと大阪府警・機動隊「無用の暴力」


◆山本節子さんのブログも必見です。橋下市長のことを的確に評価されています
 <WONDFUL WORLD>


◆橋下市長、8月31日登庁時市長囲み取材
http://www.youtube.com/watch?v=N08PuUp1QPQ&feature=youtu.be

(2:38~9:31)瓦礫の説明会についての談話。「ああいう形での説明会はもうやらない」と明言。

公明党が7/27の市議会で附帯決議として出して可決された、「説明会をするように」という要求を完全に無視した発言。議会制民主主義を否定。

はらわたが煮えくりかえります!

8/30 大阪市によるがれき受け入れ説明会と市民による抗議集会

大阪市のよるがれき受け入れ説明会と市民による抗議集会に参加してきました。

大阪市のよる説明会は19:00からでしたが、市民の抗議集会は15:00から行われました。

俳優の山本太郎さん、ドイツ放射線防護協会・会長のセバスティアン・プフルークバイル博士、ジャーナリストの木下黄太さんも応援に来てくれました。

仲間が映像をまとめてくれたので紹介します。

■抗議集会

木下黄太 大阪 瓦礫の広域処理に対する抗議 @中之島公会堂前
http://www.youtube.com/watch?v=g1T-UczNADk&feature=youtube_gdata

20120830 (1/2) 下地真樹 大阪 瓦礫の広域処理に対する抗議 @中之島公会堂前
http://www.youtube.com/watch?v=Gm-FPZ-9Zi0&feature=youtube_gdata

20120830 (2/2) 下地真樹 大阪 瓦礫の広域処理に対する抗議 @中之島公会堂前
http://www.youtube.com/watch?v=iyySnPme7y4&feature=youtube_gdata

20120830 大阪 瓦礫の広域処理に対する抗議 市役所から中之島公会堂前へ
http://www.youtube.com/watch?v=xQDtBC59IqM&feature=youtube_gdata

20120830 山本太郎@大阪市役所 瓦礫の広域処理に対する抗議
http://www.youtube.com/watch?v=QBobkpXdevI&feature=youtube_gdata

■住民説明会

twiplaにもまとめています。 http://twipla.jp/events/30147

質疑応答1人目 
http://www.ustream.tv/recorded/25058477/highlight/289284

質疑応答2人目 
http://www.ustream.tv/recorded/25058477/highlight/289286

録橋下市長補足説明=「市民の意見を聞いて方針を 
http://www.ustream.tv/recorded/25058477/highlight/289287

質疑応答3人目 
http://www.ustream.tv/recorded/25058477/highlight/289298

質疑応答4人目市長回答「会場にいるのは市民かどうかわからない 
http://www.ustream.tv/recorded/25058477/highlight/289302

質疑応答5人目橋下市長回答「賛成の方が圧倒的多数だ」発言、環境省回答、松井知事回答「安全である」 
http://www.ustream.tv/recorded/25058477/highlight/289303

最後下地さんの質問 
http://www.youtube.com/watch?v=PCTKQPRBv2A&feature=youtu.be

乱闘の様子 
http://www.ustream.tv/recorded/25063261

お勧めブログ⇒「みんな楽しくHAPPY♡がいい♪」の8/31の記事が詳しいです。⇒<大阪市広域処理説明会

8/28 大阪市役所前抗議デモ

毎週火曜日に行われている大阪市役所前の抗議デモ。
http://garekihantai.blog.fc2.com/

以下広告文。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月30日の住民説明会直前!大抗議in大阪市役所 8.28

7月27日、大阪市議会の本会議では、震災がれきの広域処理についての予算案が可決されてしまいました。
大阪市は、私たち大勢の民意を全く聞こうとしません。
大阪市は大阪市民を対象にした住民説明会を8/30(木)に開くそうです。
大阪市に通勤されている方や近隣の市の住民は参加資格もありません。

大阪市民ならびに府民・関西の住民に十分な説明責任も果たさず、危険性を無視する橋下の思惑通りにこのまま此花区での焼却へと進ませるワケにはいきません!!
橋下市長と大阪市へ、私たちは徹底的に抗議します。

『緊急!大抗議in大阪市役所』
8月28日(火)@大阪市役所横の川沿い
17:00~19:00予定
主催:此花発!つながる友達
代表:おおやま

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IWJの録画を貼り付けます。モジモジさんのスピーチは(00:53:22 ~ 00:59:30)



Video streaming by Ustream

8/26 舞洲工場

仲間が、大阪市に情報開示請求をし、舞洲工場からの排ガスの流れる方向を調べてくれました。

難波や天王寺は、確実に汚染されます。⇒ <チラシPDF>

舞洲工場の同心円地図 ⇒ <チラシPDF>


舞洲工場は、反核で有名な画家の、故フンデルトヴァッサー氏がデザインしたものです。
その工場で放射性物質がまき散らされることを、もしフンデルトヴァッサー氏が知れば、なんと言って悲しみ悔むのだろうか。想像すると胸が痛いです。
詳しくはこちら ⇒ <PDF>


8/24 関電前本店前抗議デモ

今日は毎週金曜日に行われている関電本店前抗議デモの日です。

いつもIWJで中継してくれるので、現場に行けない人は中継を見られることをお勧めします。

デモの最後に、参加者による集会が開かれ、各々がマイクを持ってスピーチや告知などをされます。

その集会に常連のモジモジさんのスピーチには、本当にいつも感動させられます。

下に録画を貼り付けましたので見てください。

モジモジさんのスピーチは(00:37:54 ~ 00:52:40)です。



Video streaming by Ustream

8/23  8・30 ちょっと待って!放射能ガレキ in 中之島

8月30日に、大阪市による災害廃棄物の受け入れに関する住民説明会が、中之島・中央公会堂で開催されます。
橋下市長、松井知事も参加予定です。

大阪市が作成した広告 ⇒ <pdf>
市民団体が作成した広告 ⇒ <pdf>

この住民説明会の日に合わせて、同じ中之島で住民による大抗議集会を開催します。

集会の案内チラシ⇒ <pdf>

以下は、高島与一氏のブログから転載。 ≪夢の傑作映画館・高島与一≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今や瓦礫焼却・海面埋め立ての焦点は、橋下大阪市の行方にかかっています。8月30日に、大阪市民向けに限定した「市民説明会」が大阪市役所ウラの中之島中央公会堂で開かれようとしています。

いままで関西で「汚染ガレキ受け入れ反対」の運動をしてきたグループ・個人が集まり、「ちょっと待って!放射能ガレキ in 中之島」の行動を当日午後3時から市役所横遊歩道、中央公会堂前・周辺で行います。

3時からは、夜遅くまで残ることができないお子さん連れのお母さんたちが想いを出し合える集会になります。そこへ山本太郎さんが駆けつけてくれることも決まりました。

夜の「市民説明会」に集まって来る市民に向けては、ガレキ問題をより考えていただけるようなビラも用意します。

橋下市長は、説明会に入る大阪市民の持ち物検査をするという暴挙に出ます。市長が市民を疑いの眼で見る、こんな市長は要らないと私個人は思います。マスコミを最大限に利用して人気取りだけを計算している橋下氏に中央政界に進出して欲しくありません。テレビタレントに戻って放言していればいいのです。テレビに出たがる「政治家」だって放言しているだけですからね。人権感覚のない人が弁護士業に戻るのも困りものですし…。あの方は、自殺者を多数出した零細自営業者向けの高利貸し「SKローン」の顧問弁護士だったはず。

11月に大阪市は試験焼却を予定しており、あと2ヶ月間に考え得る戦術を可能な限り実行して、これを止めるために、みんなで力を合わせ、小さな違いは乗り越えて闘っていこうと考えています。

これは大阪市民だけの問題ではありません。空や海は繋がっています。汚染はどこまで広がるか分かりません。近畿の住民が広く集まって、知恵を出し合い、運動を進めて行こうと考えます。

どうか皆さん、結集、連帯、支援を心からお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/21 大抗議in大阪市役所前 第3回

広域処理の反対する市民が、毎週火曜日に大阪市役所前に集まり、抗議活動を続けています。

以下は広告文。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7/​27、がれき広域処理の予算が本会議で可決・・・もう黙っ​ていられない!!
橋下市長ヒドイ!がれきの焼却ダメ!

7月27日、大阪市議会の本会議では、震災がれきの広域​処理についての予算案が可決されてしまいました。
大阪市は、私たち大勢の民意を全く聞こうとしません。
このまま此花区での焼却へと進ませるワケにはいきません​!!
橋下市長と大阪市へ、私たちは徹底的に抗議します。

『緊急!大抗議in大阪市役所』

8月21日(火)@大阪市役所横の川沿いに集合
16:30集合
17:00~19:00(延長アリ)
☆終了後、青空交流会をやります

主催:此花発!つながる友達

※途中参加・途中離脱、大歓迎!
※ゴミ・タバコのポイ捨て禁止など、必要最低限のマナー​は絶対に厳守して下さい。
※多彩なプラカードなどをご持参下さい。
※鳴り物などをお持ち下さるとより一層効果的です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人ひとりが大阪市役所に向かってスピーチをするのですが、皆さんよく勉強されていて、どなたのスピーチも貴重で、聞いていると勉強にもなります。
その中でも、モジモジさんのスピーチは、いつも最高です。多くの方に聞いてもらいたいです。

モジモジさんのスピーチ⇒(01:00:25~01:06:22)


Video streaming by Ustream

8/20 明治学院大学・熊本一規教授 講演会

「がれき処理・除染はこれでよいのか」の著者である、熊本一規教授の講演会に参加してきました。
この著書は、以前にこのブログで紹介したとおり、大変すばらしい本で、私は今でも持ち歩いているほどです。

以下は講演会の広告文です。チラシは⇒<PDF>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
災害廃棄物の広域処理により、大阪市は11月に試験焼却を行うとしています。
「痛み分け」と言われますが、子どもたちにとっての「痛み」とは?
赤ちゃんやお年寄りにとっての「痛み」とは?
「安心・安全」は本当か?
被災地が本当に望んでいる復興支援とは?
阪神淡路大震災で今、表面化し始めたアスベスト被害との共通点は?
など、日ごろ疑問に思っていることを熊本一規先生に聞いてみましょう。

熊本一規先生 講演会(明治学院大学教授・東京大学工学部都市工学科卒・ 同大
学院博士課程終了(工学博士))

8月20日(月)
昼講演 午後2時~4時
夜公演 午後6時半~8時半

大阪市立すまい情報センター(大阪市北区天神橋6丁目4-20)
地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車3号出口より連絡

参加費1000円(資料代含む)

主催「本当の被災地支援を考える会」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講演内容は、著書の内容を分かりやすく説明されました。
まだ読まれていない方は是非どうぞ。
がれき処理・除染はこれでよいのかがれき処理・除染はこれでよいのか
(2012/06/23)
熊本一規、辻 芳徳 他

商品詳細を見る

8/14 大抗議in大阪市役所前 第2回

先週に引き続き、大阪市役所前で震災がれき受け入れに反対する抗議活動が行われました。

8月30日の大阪市主催による「広域処理に関する説明会」まで、毎週火曜日に行われる予定です。
大阪市主催・広域処理説明会の広告⇒<PDF>

大抗議in大阪市役所前 第2回(8/14)の広告文は以下です。チラシ⇒<PDF>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7/​27、がれき広域処理の予算が本会議で可決・・・もう黙っ​ていられない!!
橋下市長ヒドイ!がれきの焼却ダメ!

7月27日、大阪市議会の本会議では、震災がれきの広域​処理についての予算案が可決されてしまいました。
大阪市は、私たち大勢の民意を全く聞こうとしません。
このまま此花区での焼却へと進ませるワケにはいきません​!!
橋下市長と大阪市へ、私たちは徹底的に抗議します。

『緊急!大抗議in大阪市役所』

8月14日(火)@大阪市役所横の川沿いに集合
16:30集合
17:00~19:00(延長アリ)
☆終了後、青空交流会をやります

主催:此花発!つながる友達

※途中参加・途中離脱、大歓迎!
※ゴミ・タバコのポイ捨て禁止など、必要最低限のマナー​は絶対に厳守して下さい。
※多彩なプラカードなどをご持参下さい。
※鳴り物などをお持ち下さるとより一層効果的です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

抗議では、参加者が市役所に向かってスピーチをします。
その全てが、聞き応えのあるものばかりですが、中でもモジモジさんのスピーチはいつも最高です。
録画を以下に貼り付けましたので、モジモジさんのスピーチをご覧ください。

それから、今回は広域処理に賛成する人が乱入する事件がありました。その乱暴な乱入者に対するモジモジさんの対応には、痛く感動しました。
がれき受け入れに反対する人は「地域エゴだ!」と批判されることがあります。そんな経験があるからこそ、モジモジさんの叫びを聞くと、涙が出ます。
これは是非ともご覧ください。

モジモジさんスピーチ⇒(00:00~05:10) 乱入者の対応⇒(39:15~50:30)


Video streaming by Ustream

8/8 放射線被曝から子どもを守る会・いわて

岩手県に、被曝の危険から子どもたちを守るため結成された「放射線被曝から子どもを守る会・いわて」という市民団体があります。
この「守る会・いわて」では、行政への要望活動の他、会員相互のコミュニケーション向上の為の地域別の茶話会、測定会などをはじめ様々な活動を行っています。

「岩手に於ける放射能の危険性にまだ気づいていない方がこのブログを見て、危険性に気づいていただけたら幸いです。そして、何かしたいと思っている方が、このブログにいらして広く繋がって行けたら良いと思っています。」とブログ管理人の方は言います。

ぜひ、このブログを見てください。
本気で活動していることが分かると思います。

木下黄太さん、野呂美加さんを講師を招いて講演会を主催していることからも、低線量内部被曝の認識は、私たちと同じだということが分かります。

この「守る会・いわて」が、7月17日から「震災がれきを一箇所に集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!」という要望書の署名を集めています。
そのことを「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」のMLで知った際に、当会はすぐ賛同団体になりました。
しかし、その時の私は、この要望書の内容を熟知していませんでした。


7月27日に大阪市議会でガレキ受け入れ予算が可決されてしまったあと、次のアクションとして橋下市長の大義名分になっている「岩手県の達増知事からの受け入れ要請があるから助けなくてはならない」を崩していく必要があると思いました。
そこで、大阪市会に提出された500件を超える陳情書を達増知事に渡すことで、大阪での受け入れに反対する市民の声を知ってもらうことを計画しました。
橋下市長の、市民サービスを切り捨て財界を優遇するやり方によって、大阪市民が苦しめられていることも伝えることで、国民の生活が第一の理念を持つ達増知事なら、瓦礫の広域処理を撤回してくれるのではないかと期待していました。8月3日に橋下市長と広域処理の基本合意書にサインするまでは・・・。

それらのアクションを計画したとき、被災地である岩手県の市民団体「守る会・いわて」が、“がれきをゴミとして処分するのではく、津波避難所をかねた、震災津波慰霊の記念公園として整備する要望書”の署名を集めていることを思い出し、この要望書の署名も達増知事に渡すことも計画に加えました。

しかし、この「守る会・いわて」の要望書の提出先は、内閣総理大臣と環境大臣になっていたので、「守る会・いわて」の責任者に連絡をし、提出先に岩手県知事を加えてもらうようにお願いをし、ようやく本日ブログ上での修正が完了しました。

この間に、改めてこの要望書を熟読し、提案者の岡山博先生のブログも読みましたが、その内容の完璧さに感動しました。多くの方に読んでいただきたいです。

岡山博先生のブログ ⇒ 3月25日 ・ 6月7日 ・ 3月6日

大阪では、焼却処理の代替案として「森の防潮堤」を勧める運動が大きくなっていますが、この「森の防潮堤」の案に疑問を持つ人も少なからずいます。しかし、この東北大学教授で医師の岡山博先生の「宮城・岩手地区の震災がれきは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!」の提案は、「森の防潮堤」の欠点もすべてカバーする素晴らしい内容だと私は思いました。
その内容の良さから、被災地である「守る会・いわて」も取り扱うことを決めたそうです。

岩手県内で広域処理に反対する内容とみられる署名を取り扱うことは、非常に勇気のいることです。
「お前らのような者がいるからガレキが片付かないんだ!」と非難されることもあり、岩手県民の間では、ガレキの広域処理問題については触れてはいけない空気になっているようです。

そんな中、この要望書を取り扱うことを決めた「守る会・いわて」の決意には、本当に感謝し敬服いたします。

「放射性物質を含むものは燃やしたらいけない」それは大阪だけのことではなくて、宮城・岩手でも同じことです。
しかし、岩手では、ガレキよりも高濃度に放射能汚染されている草木ゴミが、日常的に普通に燃やされています。
私たちは、大阪で燃やさせないという運動と同時に、被災地でも燃やさせないことを、声を大にして主張していく必要があると思います。

全国のどこであっても一般焼却炉で焼却処理をさせないために、被災地の市民団体も賛同して取り扱う、この「宮城・岩手地区の震災がれきは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!」の要望書の署名活動を、大阪でも全力で応援していきたいと思います。

どうぞ皆さん、署名に協力をお願いします。
2万筆を目標に、全国で拡散していきたいと思います。

ブログやツイッターを使用している方は、「放射線被曝から子どもを守る会・いわて」のブログのリンクを拡散してください。
何とぞ、よろしくお願いします。

そして、この岡山先生の提案は「森の防潮堤」と相反するものではありません。
ですので「森の防潮堤」を勧めている方々にも、ぜひとも署名をして頂きたいし、広めて頂きたくお願いします。
どちらかを選ぶのではなく、焼却処理に反対されているのなら、どちらの案も広めることに協力していくことで、より焼却処理をやめさせる運動が大きくなると思います。
そして、この要望書に署名することは、被災地の市民団体の活動に協力することになります。そこに大きな意味があると私は思います。

集まった署名は、当初は岩手県庁で達増知事に渡す予定でした。
そのための根回しを小沢一郎代議士の元秘書の方にも頼んでいましたが、8月4日のブログで紹介したように、達増知事には期待はできません。

よって、新党・国民の生活が第一に提出することも今は予定しています。
原発に反対し、官僚政治に反対する小沢新党が、広域処理の実体を知れば、反対しなければ嘘です。
広域処理が財界と官僚主導で行われ、ガレキ利権で成り立っていることを小沢新党の議員らに理解させ、広域処理反対が党の政策になれば、新党の一員である達増知事は、広域処理を撤回せざるを得ない状況になると思います。

今後、署名を集めることと同時に、いろいろと手を尽くしていきたいと思います。


★重要
広域処理によって被災地から運び出されるガレキは、私たち非汚染地帯で住む者にとっては、放射能で汚染された危険な廃棄物かもしれません。しかし、この私たちが敬遠するガレキは、被災地の方たちにとっては“思い出と悲しみの遺品”でもあります。

最後に、現地の方のメッセージをお読みください。私たちは、このような現地の真実の声を忘れずに、国の放射能拡散政策と闘っていかなければならないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちは被災県の市民として、沿岸被災地の復興を心より願い、瓦礫が受け入れ拒否をされている事に心を痛め、同時に、瓦礫の広域処理の問題点、放射性物質拡散の恐れを危惧して来ました。
瓦礫は、ゴミではなく、本来そこにあったはずのものです。大切な遺品です。
それがゴミとして処分されるばかりでなく、受け入れ難いものとして拒絶される現実はとても悲しいものでした。
原発事故により、放射性物質が広く拡散された以上、適切な処理方法を取るべきだと考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちの運動は、広域処理を止めることで終わりではありません。
国に対して、現地の津波瓦礫を遺品として扱い、すべて集めて仙台平野の海岸に山積みし、大古墳のように整備させるまで続けることが重要です。
その実現までは、被災者の気持ちを大切にしながら、この要望書の拡散を続けていきたいです。

8/7 瓦礫受入阻止・大阪市役所前抗議デモ

大阪市役所前で行われた、広域処理に反対する抗議デモに参加してきました。

以下は広告文です

8/7(火)17~19時『緊急!猛烈抗議デモ』大阪市役所前。

橋下市長と松井知事、維新の会を許すな!

民意を完全無視して瓦礫受け入れの予算を可決させた大阪市議会へ猛烈アピール!
公明党議員に猛烈抗議!仕事帰りのちょっとだけでも集合を! 

―広告ここまで―

反原発が主のデモではなく、広域処理反対が主のデモで、本日の200人以上の参加数は、過去最大だと思います。

今後は、毎週火曜に行われることになりました。
ぜひともご参加ください。結構楽しいですよ。

以下は録画です。


Video streaming by Ustream

8/4 岩手県・達増拓也知事

とうとう岩手県の達増知事が大阪に来て、松井知事と橋下市長とで、がれきの「広域処理」に関する合意書を正式に取り交わしました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120803/k10014065633000.html
合意書⇒<ダウンロード>

達増知事に、広域処理に反対している市民に対する橋下市長の酷い対応を伝え、大阪市会に提出された500件を超える陳情書を見せれば、官僚政治を打破し既得権益を壊そうとする「国民の生活が第一」の理念をもつ達増知事なら、広域処理の大阪への要請をやめてくれるのではないかと期待していましたが、甘かったです・・・。

岩手で活動する方に聞いた話でも、市民団体が放射能対策の要望書などを何度の提出しているが、直接受け取ったことはないし、議会でも、100m㏜以下は安全だというような、環境省と同じような発言をしているそうです。

それを聞いて、達増知事の人格に一縷の望みを託していただけに、ショックを受けました。
岩手では、所詮は「小沢に犬」くらいの評価しかないようです。

今後の活動として、岩手県に対して大阪市民の声を届けることを考えていましたが、達増知事に期待できそうにないので、岩手県より小沢新党に働きかけていこうと思います。

8/1 大阪市自民党 北野妙子議員

本日、自民党大阪市会議員団・政調会長・北野妙子議員からご連絡をいただきました。

北野議員は、大阪市会議員の中で、最も広域処理に反対している議員さんです。

7月27日の本会議での北野議員の討論は、とても素晴らし内容でした。
北野議員は、本会議で討論の準備、決議案や意見書などの作成など、会期中は睡眠時間を削って大阪市民のためにご尽力くださいました。

本当に、北野議員には感謝です。

私たちは、議員の発言については、議会や委員会を傍聴することでしか知ることができませんが、実は自民党内部では、広域処理の問題について大激論があり、「受け入れてあげろや!」と後援会に言われたりもしたようです。

そんな厳しい中で、北野議員は何度もプレゼンをし、神戸大学大学院・山内知也教授を勉強会に呼んだりして、やっとの思いで党内をまとてくださったのです。

本当に、本当に、北野議員には感謝です。ありがとうございました。

そこまで努力された北野議員であるのに、補正予算が可決されてしまったことについて「申し訳ないですし、情けないです。」とおっしゃっていました。
「次のステージに移ってしまいましたが、最後まで決してあきらめることなく頑張りますので、宜しくお願いします」ともおっしゃっていました。

そんな北野議員の努力を、多くの市民に知ってもらいたいですし、多くの市民に北野議員を応援してもらいたいです。



自民党大阪市会議員団のホームページが新しくなりました。http://jimin-osaka.sakura.ne.jp/
その中で、北野議員が作成し可決された「放射性物質など有害物質を含んだ可燃性災害廃棄物処理に対する意見書」を見ることができます。<ココ>


7月本議会の映像が大阪市のホームページにUPされました。
傍聴されていない方は、ぜひ見てください。
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu260/live/session/20120727a.html
○議案第188号~報告第12号並びに請願第8号について
組替動議説明 荒木議員(自民)
討論 北野議員(自民)、小林議員(みらい)、北山議員(共産)

災害廃棄物について話している時間帯は以下の通りです。
荒木議員 ⇒ 53:48 ~ 54:38
北野議員 ⇒ 1:01:25 ~ 1:08:00
小林議員 ⇒ 1:19:38 ~ 1:22:45
北山議員 ⇒ 1:39:43 ~ 1:41:50

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。