子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/20 明治学院大学・熊本一規教授 講演会

「がれき処理・除染はこれでよいのか」の著者である、熊本一規教授の講演会に参加してきました。
この著書は、以前にこのブログで紹介したとおり、大変すばらしい本で、私は今でも持ち歩いているほどです。

以下は講演会の広告文です。チラシは⇒<PDF>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
災害廃棄物の広域処理により、大阪市は11月に試験焼却を行うとしています。
「痛み分け」と言われますが、子どもたちにとっての「痛み」とは?
赤ちゃんやお年寄りにとっての「痛み」とは?
「安心・安全」は本当か?
被災地が本当に望んでいる復興支援とは?
阪神淡路大震災で今、表面化し始めたアスベスト被害との共通点は?
など、日ごろ疑問に思っていることを熊本一規先生に聞いてみましょう。

熊本一規先生 講演会(明治学院大学教授・東京大学工学部都市工学科卒・ 同大
学院博士課程終了(工学博士))

8月20日(月)
昼講演 午後2時~4時
夜公演 午後6時半~8時半

大阪市立すまい情報センター(大阪市北区天神橋6丁目4-20)
地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車3号出口より連絡

参加費1000円(資料代含む)

主催「本当の被災地支援を考える会」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講演内容は、著書の内容を分かりやすく説明されました。
まだ読まれていない方は是非どうぞ。
がれき処理・除染はこれでよいのかがれき処理・除染はこれでよいのか
(2012/06/23)
熊本一規、辻 芳徳 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://savechildyao.blog.fc2.com/tb.php/119-f446d3d6

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。