子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/6 インチキなラボ実験

大阪市の試験焼却前に行われるラボ実験の詳細が10月5日に発表になりました。

10月11日の9時から、大阪市立環境科学研究所で行われます。

大阪市の発表によれば、排ガス中の放射性物質濃度の測定が行われ、特にガス状のセシウムの挙動がどのようになっているのか、実際の測定方法と同様の実験装置を用いて確認を行うことになっているようです。

その測定方法は、環境省『放射能濃度等測定方法ガイドライン』準拠の方法が採用されることになっています。

http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kankyo/0000186072.html

『放射性物質の測定方法に関する確認について』 ⇒ pdfファイル
『放射能濃度等測定方法ガイドライン』 ⇒ pdfファイル
『環境省告示第101号』 ⇒ pdfファイル

しかし、この環境省『放射能濃度等測定方法ガイドライン』準拠の方法では、排ガス中に放射性物質は漏れていなかったという結果になることは、専門家が見れば明らかです。

こんなインチキな実験で、「焼却の安全性が証明された」と大阪市に絶対に言わせてはなりません。

みなさん、10月11までに、大阪市や市議会議員に猛抗議をお願いします。

以上のことを教えて下さった、専門家のメールを以下に転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実験は塩化セシウム(試薬)を加熱して気化させ、環境省『放射能濃度等測定方法ガイドライン』準拠の方法でガスを測定してみるというものです。

セシウムの化合物は、炭酸セシウム、水酸化セシウムなど他にもいくつも存在する可能性があるのに焼却炉や溶融炉の高温中(850℃~1800℃)でも分解しない塩化セシウムをなぜ使用するのでしょうか?

塩化セシウムの特性はWikipediaの下記サイトに示されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E
3%83%A0


融点は645℃、沸点は1295℃です。

大阪市の資料「放射性物質の測定方法に関する確認について」には「・・・塩化セシウムを気化させて・・・」と記載されているので、沸点1295℃以上に塩化セシウムを過熱し、「図 確認装置の模式図」を見ると、円筒ろ紙(200℃)となっていますので、図には記載されていませんが、冷却装置で、塩化セシウムを200℃まで冷却するものと考えられます。

塩化セシウムは、沸点1295℃以上に過熱されても分解して、セシウム単体を放出することはないので、200℃まで冷却されれば、融点645℃よりも温度が低いので確実に固体になってしまいます。
どのくらい目の細かいろ紙を使用するのか記載されていませんが、ろ紙でほとんど捕捉される結果になります。

この実験では、ろ紙を通りぬけるものがあっても、塩化セシウムは固体になっていますので、「吸収びん」で捕捉される結果になります。

このような実験を行うのであれば、炭酸セシウム、水酸化セシウム、酸化セシウムなどを含めて実験を行うべきです。答えの決まっているインチキ実験は行うべきではありません。

(ご参考)
実験には放射性セシウム134や137を使用するとは思えません。放射性物質ではないセシウム133を使用するのではないでしょうか?
その場合、放射線をださないので、実際の焼却施設で放射性物質を含む廃棄物を焼却する場合に用いられるゲルマニウム半導体検出器による検出ができないので、別の検出方法が使用されると思われます。

○1グラムのセシウム137は、3.215TBq(=3.215兆ベクレル)であることが、下記のWikipediaのサイトに記載されています。
ちなみに、セシウム137の半減期30.1年から私が数学的に計算してみると、2.8兆ベクレルとなりましたが、おおそよそ一致していると言って良いと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0137

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【専門家の方のプロフィール】
九州大学工学部電気工学科卒業
九州大学大学院エネルギー変換工学専攻修士課程修了、工学修士
関西にて30年間電機メーカの技術者として勤務



こんな実験、絶対に認めるわけにはいきません。

猛抗議しましょう!!

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://savechildyao.blog.fc2.com/tb.php/146-deda0f80

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。