子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/10(3) 公明党・金沢議員と面談

明日、大阪市立環境科学研究所にて、震災がれき焼却の安全を確認するためのラボ実験が行われます。

11月に予定の試験焼却では、「JIS Z 8808」という規格で排ガス中の放射性物質の濃度を測定しますが、焼却に反対する市民や科学者などから「JIS Z 8808 はダスト(煤塵)を捕捉する規格であってガス状のもの(霧、気体)は測定できない」という批判が多いことから、それを確認するために今回のラボ実験が設定されました。

したがってこの実験で、「JIS Z 8808 でセシウムがほぼ100%捕捉された」という結果になることは、試験焼却の安全性・正当性が確立されたことを意味します。
ということは、逆に「捕捉されなかった」という結果になれば、大阪市は試験焼却をすることができなくなります。

ガレキを受け入れたい橋下市長や幹部は、このラボ実験で「捕捉できなかった」という結果を出すわけにはいきません。
そのことから、捕捉が可能な塩化セシウムのみを使用する、ごまかしのインチキ詐欺実験を計画してきました。

私の知人で元エンジニアの方(工学修士)がそれに気が付き意見書を作成し、それをもとに熊本先生、河野先生、青木先生らも、ラボ実験を批判する意見書を作成してくださいました。
国の研究所で衛生化学の研究をされていた方からも意見書をいただきました。

これらの内容について金沢議員にご説明するため、今日に面談をお願いした次第です。

金沢議員は、このラボ実験について、議員の中では最も責任と権限を持っていると思われます。

この実験は、公明党が議会提出した附帯決議に則って行われています。
附帯決議案に共産党も維新の会も賛成しましたが、実験方法についてまでは議会で問われていないので、実験方法が詐欺的な内容であったとしてそれに他会派が抗議しても、公明党が実験結果を了承すれば、他会派議員や市民の反対の声は無視されます。
そして、いくら橋下市長が実験結果を了承しても、附帯決議を提案した公明党が認めなければ、この公明党の判断を橋下は無視することはできないということでもあります。

附帯決議には法的な拘束力はありません。本来は市長が無視しようと思えば可能です。
そのことを共産党の北山議員は分かったうえで、前回の市議会で橋下市長に「附帯決議を守りますか?」と質疑され、橋下市長から「議会で決まったことだから守ります」という答弁を引き出したわけです。この意味は非常に大きいと思います。

環境対策特別委員で専門的な知識をお持ちである金沢議員(大阪工業大学工学部卒・共栄社化学㈱で27年研究に従事)が、このインチキなラボ実験の結果を認めないことが、この問題の重要なポイントです。
だからこそ、実験が行われる前に、どうしても金沢議員に会って話しを聞かせていただく必要があったわけです。

お忙しい中、夜の10時から大正区の事務所で会ってくださいました。

金沢議員は、私のブログの記事や私のブログからダウンロードした専門家らの意見書をすべてコピーして持っていました。しかも、赤線をたくさん引いて、チェックをされていました。

そのことから、私が説明せずとも、私たちの疑問や心配をよく理解されていました。そして、明日は必ず問題点を指摘すると約束してくださいました。
「明日のは、とりあえずプレテストだから、明日の実験で終わらせたりしない。塩化セシウムだけではなく、酸化セシウムや炭酸セシウムも実験するべきだし、実際に100ベクレルの焼却灰を使って実験すれば話は早い。そのようにさせる」とおっしゃっていました。

公明党のことを信じられない気持ちがある私は、維新の会と選挙協力を結び、補正予算に賛成したことで市民は公明党に裏切られたと思っていることを告げると、それに対しては強く否定し「みんな勘違いしている。私たち公明党はそんな党じゃない。命を守る党だ!政治的な判断で危険なもの安全といって市民の命を脅かすことは決してしない」という主旨の話をされました。

その時の金沢議員の顔は、真剣そのものでした。

私たち市民は、この金沢議員の発言を信じて応援すべきだと思います。

公明党の綱領には次のようにあります。

“「公明党」は、〈生命・生活・生存〉を最大に尊重する人間主義を貫き、人間・人類の幸福追求を目的とする、開かれた国民政党です。”

この理念に基づいた公明党の政治活動を、私たちが全力で応援することで、金沢議員をはじめすべての公明党の議員は、必ず私たちの期待に応えてくださるのだと思いました。


明日の実験に市民は参加できませんが中継がありますので、お時間があるかたは是非ともご覧ください。
IWJ大阪であるはずです。



スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://savechildyao.blog.fc2.com/tb.php/152-28d95fc3

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。