子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/9 民生保健委員会の当日

今日は、朝から公明党に電話・FAXなど、多くの仲間が最後まで諦めずに行動してくれました。

ジャーナリストの木下黄太さんも、ブログで呼び掛けてくれました。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/6865780fd5aa24dd566a35bc9e38cd77

午後からは、大阪市役所のモニター室で民生保健委員会を傍聴してきました。

自民の加藤議員、民主の小林議員、共産の北山議員は、これまでと同じ態度で、がれき受け入れに反対する内容で質疑してくれました。

公明党の質疑は、やる気がないように感じました。

そして、橋下市長の答弁は、最悪でした。
「反対意見のすべてを考慮していたら、何も決まらない。すべての市民が納得する説明を求めることは暴論だ!」と、子どもも騙せない暴論を吐いていました。

私の陳情(第2481号)の採決は、自民、民主、共産は「採択」でした。
しかし、公明と維新が「継続審議」にしたため、多数決で「継続審議」に終わりました。
昨夜の情報のとおり、公明党は裏切りました。

自民と民主は約束を守ってくれました。そして、私の陳情と同趣旨のものも「採択」してくれました。

共産は陳情(第2482号)「放射性物質の測定方法に関する陳情書」までも「採択」してくれました。
これはおそらく、私の努力が公明党の裏切りによって報われなかったことを慰める気持ちから、北山議員が「採択」にしてくれたように感じています。
この陳情(第2482号)は、経費が1500万円ほど必要だと環境局から見積もりが出されています。普通なら現状ではとても「採択」できる中身ではないと思います。
それでも北山議員が「採択」してくれたのは、私への優しさだと感じました。


今回、公明党の金沢議員は、私の陳情を採択するために、本気で努力してくれました。そのことには、とても感謝しています。
他にも、公明党議員の中には、良心的な議員はいます。
しかし、公明党は団長の小笹議員の意見が絶対で、党としては維新の会のいいなりです。
それは、団長がそうである以上、他の議員の意見では変わりません。
そういう党です。

昨夜に、「陳情(第2481号)が採択されれば、試験焼却を延期しなければならない」と環境局が判断したことで、公明党は「採択」を撤回しました。
維新の会が圧力をかけたのか、団長の小笹議員が独断で決めたのか、真実は分かりませんが、公明党が提出した附帯決議とは、補正予算に賛成したことで市民の反感を買うのを恐れたために提案したことであって、本気で市民を守るつもりなどないことが明確に分かりました。

残念ですが、今の公明党には期待できません。。。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://savechildyao.blog.fc2.com/tb.php/163-b611eeb9

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。