子どもたちを放射能から守る・八尾の会

日本のすべての子どもたちを守るため、政府の放射能拡散政策を跳ね返そう!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/7 前大阪府議会議員と面談

八尾市で活躍されている前大阪府議会議員の方と面談してきました。
当会の請願書の請願事項については賛同してくれましたが、請願趣旨については賛同してもらえませんでした。
安全性が確保され、国が責任を持つならば、そして市民の合意が得られるならば、瓦礫を受け入れることも必要ではないかという意見をお持ちでした。

ガレキ受け入れ反対の活動を、より多くの人に賛同してもらうためには、「何が何でも受け入れてはいけない!」という態度では、難しいと思いました。
「安全性の確立と市民の合意が得られない限りは受け入れすることはできない」という姿勢でいくほうが、多くの方が反対できなくなると思います。

そのことを考慮して、当会の請願書の請願事項には、「市民合意」という文言を使用することにこだわりました。
そのことがここにきて、やはり正解だったと感じました。



その後、協力してくれている市会議員と、3月13日に行われる請願の趣旨説明の内容について打ち合わせをしました。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://savechildyao.blog.fc2.com/tb.php/37-0644f76e

子どもたちを放射能から守る 八尾の会

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。